ハイアット・セントリック銀座 東京 〜NAMIKI667〜 をもっと楽しむためには?

今、何かとホットなスポット、東京・銀座の並木通り。

ハイブランドや老舗が並び、銀座では欠かせない通りですが、有名ハイブランドのリニューアル出店も相次ぎ密かに注目されています。

 

そんな並木通りにあるホテル、ハイアット・セントリック銀座 東京。

3階にあるNAMIKI667

ホテル利用者のオールデイダイニングとして、朝食、ランチ、ディナーを中心に終日オープンしているのはもちろん、

一般の方もBar & Loungeでティータイムやバーカウンターで気軽に一杯やアフタヌーンティーを頂いたり、レストラン側ではランチ、ディナーコースも楽しめます。

 

また、並木通りを望むテラス席もあり、これからの季節は銀座の風を感じながら過ごす時間もいいですね。

私はこの日、打ち合わせ帰りにお一人様で訪問。

前回「ル・カフェ・ヴィー」編でも紹介しましたが、銀座といえば日本ナンバー1の繁華街で、誰しも憧れの街ですよね!私にとっても銀座は特別な場所なのです。

新しい購読者様の為に、もう一度私の生い立ちを説明します。

私の地元は宮城県仙台市です。子供の頃からフレンチ料理人だった父の影響で、洋食に特別な思いがあります。そして実家ももちろんのこと、いろんなレストランに連れてってもらいました。東京銀座に行く際は家族にとっては一大イベントで、いっつもワクワクしていました。今思い出しても微笑んできます。父と母は装いにも気を使っていたため、レストランに行くときはいつも前調べしてTPOに合った服装は常に意識をしていました。同業者のところへお勉強しに行くのだから、失礼のないようにと。父の口癖です。

今ならその言葉はよーく理解できます。

それは、自分だけではなく、TPOに合わせた装いをすることが、そのお店や一緒に行く人の価値を上げることが出来る、と思っているからです!

そしてファッションの道に進んだ私は、お店の雰囲気や内装、インテリアにマッチする洋服で訪れて、食事やティータイムを更に楽しみたいからです。

 

洋服はその人の一部なのです。

さあ、エレベーターで3階へ。

落ち着いた店内は想像通り。そう、私も両親のように行きたいホテル、ラウンジカフェ、レストランは事前にリサーチして店内の雰囲気や内装をチェックしています。

ところで、皆さんはいつもどういう装いでそれらを訪れてますか?私はある法則を見つけるまではいつも何を着ればいいのかを悩んでいました。主人とお付き合いをしていた頃のランチやディナー、お友達とのアフタヌーンティーなど。高いブランドものの洋服を背伸び(かなり)をして買っていた時期もありました。でも、根本出来な解決にはなりませんでした。お金で解決できる問題ではありません。

「私はオシャレには無頓着なの」や「洋服はよくわからないの」といったお悩みもすべて解消します。

そして、私は繰り返し強調したいのは、【TPOに合わせた装いをすることが、そのお店や一緒に行く人の価値を上げることが出来る】ことです。身内以外の方々は客観的に物事を見るので(第一印象)、身だしなみで判断されることは意外に多いんです。中身は言わずとももちろん大切です!その前にTPOに合った装いをすることも自分の内省を表現できる一つの武器です。洋服はその人の一部なのです。

高級ホテルレストランなども、初めて訪れるが、TPOに合った装いをすることで「うちの店ぐらいのレベルはよく使いこなしている人だな」と思ってもらえる可能性もあります。お店側も(訪れる場所)もお客様の状況を読み取るいい材料になるのです。大げさかもしれませんが、よい装いをすると受けるサービスも上がるということです。
 

これであたなはもうファッションコーデの上級者

ハードルは高そうに感じますが、事前に意識して訪れる場所をリサーチをするだけで、TPOに合った、オシャレができます。しかも、経済的!高いブランドものを買わなくても、これぞ!という時に備えて、1万円~2万円の予算で使いまわしも可能!

ここ、ハイアット・セントリック銀座 東京を例に、具体的に説明していきます。

まず、内装はこちらです。

そして、ミーティングでお腹が空いたので、今日注文したのはカツサンドと紅茶です。

少し重めなアフタヌーンティーです。

この日チョイスしたのはこちらのワンピースです。(2月)

まだ肌寒かったので、ワンピースの下に白ハイネックニットをプラス。(ブログ編集が遅くなりました。。。)

来たる秋冬コーデへの参考にしていただければ幸いです。

さあ、本題へいきましょう。

ハイアット・セントリック銀座 東京はご覧の通り、吹き抜けとなっており、現代アート要素が織り成すモダン的な空間となっています。カラフルな布で作られたこだわった壁面やアルファベットのアート壁面などもあります。

そこで、私はそんなモダン的な空間にモノトーン白黒バイカラーでモダン的なワンピースをチョイス。さらにインパクトを出すためにパイソン柄のブーツを合わせました。カラフルなアートコレクションの前でもけんかせず、且つ上品な雰囲気も醸し出せるのではと思います。

もし迷ったら、色合いが多い店内にはモノトーン、逆に白をメインにシンプルな店内には少し華を添えてカラーを入れる。(顔色がグーンとよく見えます!ぜひ試してみてください。)こういったロジックでコーディネートを考えれば大体間違えはないかと思います。あと、和食やフレンチの際にはモノトーン、イタリアンはカラーを添えるなど、料理に合わせて洋服をチョイスをすれば料理も倍楽しめます!わかる方にはわかります!TPOに合わせて来られたんだなと。ぜひ、試してみてください!きっと気分はグーンと上がるに違いないです!

いろんな空間や料理に合わせてたら洋服も増えるし、出費も…なんて思ってしまうのかもしれませんが、ご安心ください!大丈夫です。

上記ルールを念頭に置けば、応用は効くのです。つまり、毎日アフタヌーンティーやホテルランチ、カフェに行く方は別ですが、これぞといった時に1枚や2枚目で使いまわしが可能となります。シューズやアクセサリー、スカーフの小物を変えるだけで印象が変わりますので、毎回洋服を買う必要はそんなにないのです。

 

おすすめワンピース

例えば、こちらのワンピースのように価格が税込16,500です。いろんなシーンやオケージョンで活躍ができます。さらにジャケットやカーディガンを羽織ればオールシーズンを通して使えるので、一枚持っていれば、いざという時に大活躍するに間違いないです。とてもいいコストパフォーマンスを発揮します。

さらに、おススメなのは万能なレースワンピース。繊細なレースの生地やデザインが女性らしく華奢な印象に。ウエストのラインレースやマーメードシルエットでスタイルアップできる1着です。こちらも税込14,300とお手頃です。

 

そして、今年のトレンドは花柄です。シルク混の軽い生地感で春から夏まで活躍してくれるロングワンピースがおすすめです。首・袖口・ウエストがシャーリングゴムになっており、メリハリがつくデザインでスタイルアップが出来ます!シアーな生地感で、歩いた時の裾の動きもキレイですよ!シンプルな店内で大活躍します。シルク入りで税込17,600とリーズナブル。

 

このように、SARA オンラインストアでは、日常のお食事やカフェタイムを更に素敵な時間が過ごせるよう、経済的にも優しいワンピース・ドレスを様々なシーンに合わてご提案しております。

 

ぜひ大切な時間をお気に入りのワンピース・ドレスでもっと楽しみませんか?