ワンピース選びが楽になる!お悩み別コンプレックスと上手に付き合うコツ

誰でも1つや2つ、自分の体のコンプレックスってありますよね・・・。

そんなコンプレックスも自分で理解して、上手に付き合えば逆に魅力アップになるなんてことも多いんですよ。

今回は、そんな女性ならではのお悩み別にオススメのワンピースのデザインや素材をご紹介します!

 
 
 
 

女性の3大コンプレックス

 
私がお客様を接客させて頂く時にお悩みとしてよく聞くベスト3は
 
  1. ウエスト〜お腹周りのお肉が気になる
  2. お尻のライン気になる、形が悪い
  3. 二の腕のたるみ
 

です。

皆さんも思い当たるものはございますか??

 

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

①ウエスト〜お腹周りのお肉が気になる方

  • POINT

ハイウエストやウエストに切り替えのあるデザイン

ぴったりタイトなシルエットのデザインですとお腹のぽっこりがどうしても強調されてしまいがち。切り替え、もしくはリボン紐やベルトのデザインがあれば、目線がそちらに向くので気になりにくくなります。切り替えの位置もハイウエスト寄りだと更に◎。

 
 
 
 
 

②お尻から太もものラインが気になる方

  • POINT

垂れている&ぺたんこ尻さんや太もも張りさん→フレアー、ギャザーシルエットや柄物・レース・プリーツなどの素材に立体感があるワンピース

お尻の形に悩んでる方も意外と多いですよね。お尻周りのカバーには、素材感や柄物で立体感を出しましょう。

太ももが張っている方も、タイトなラインはNG。フレアーやギャザーのデザインで適度なゆとりがあると太ももが強調されません。

 

大尻&腰張りさんは→腰からお尻にかけてすっきり見えるIラインやAライン台形ライン、落ち感のある素材のワンピース

大尻&腰張さんはそれを隠そうと、ギャザーやプリーツの入ったデザインを選びがちですが、実は逆に大きく見せてしまっています。

適度に体に添ったAラインや台形ラインがすっきり見せてくれオススメです。

 

 

③二の腕のたるみが気になる方

  • POINT

フレアースリーブやバルーンスリーブの様なふんわりと腕まわりを覆うような袖のデザイン

腕回りよりも生地にゆとりがあると視覚の効果で細く見えるのです!
 
 
 

反対に、腕のラインにぴったりと添うような物はNG。太さを強調するだけなのです。

 

 

 

また接客時お客様にお話するのは、「中途半端に隠すのであれば、潔くノースリーブ1で肩まで出してしまった方が、すっきり見えますよ!」と。

 

 

自分は自分の身体を毎日見ているので、どうしてもコンプレックスにばかり目が行きがち、考えがちですが、意外と周りの人は気になっていないってことよくあるんです。

実際に私も今まで何万人ものお客様の体型を見て来ましたが、

「○○が気になるんです・・・」と言われ、

「え!?そうですか??お世辞抜きで、そう言われないと私は気にならなかったです!!」

という会話をよくしています。

 

 ちょっとしたポイントを抑えるだけでより素敵にストレスフリーなワンピースを選ぶことが出来ますので、参考にしてもらえたら嬉しいです。